<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

.

4月。
たくさんの人がこれまでやってきた一切合切にちょっとした気持ちの区切りを付け、
気持ち新たに迎える月です。
元旦のような華やかさはありませんが、すーっと気持ち引き締まる4月。
始まりの季節です。それだけで気持ちがあがる幸せの総量が多い月です。

気持ちをちょっと遠くに投げて、それからの逆算の計画も大切ですが、
意識がリアルなものとしてある今、その時間その瞬間に愛情をもって過ごしていきたいです。
その瞬間に軸をあわせて、地に足をつけて幸せとはなにか?をきちんと考えていきたい。
たくさんの幸せのカタチを見てみたい。

自分にこれからどんなことが待っているか?
不確定な未来にワクワクできる心構えをもって迎えたいと思います。

自分の中でルールをもって誰かの迷惑になることなく自分の思うように。
[PR]
by httq_www_newtral | 2012-03-27 02:39 | ウワノソラ

.

恩師とよべる人。

ものこと何かをする上で、
自分が身につけたい知識を得ること、体験することはもちろん大切ですが、
最近同じくらい大切だと思うのは何かを思い出すこと。

なにかをどんどん身につけていくに連れて、時間が経つに連れて忘れてしまう、感覚だったり思いみたいなものはたくさんあると思います。けっこう自分が気づかないうちに。

なりたい自分に、身近な位置で多大な影響を与えてくれた人を恩師と呼ぶのであれば、
なにかを思い出させてくれた人は今の自分にとってものすごく重要な存在で、
私には年下の人も恩師と呼べる人がたくさんいます。

もう何年も前に陸上を教えていた時に、
他の子に比べてあまり足の速くなかった子がいて、
でも陸上が純粋に大好きで、試合で結果がよくなければ泣くし、言われなくても自主練習をしていた。他の部員よりもあまり速く走れないことにものすごく葛藤しながら。
見返りみたいなものとか、天秤にかけたりとかすることなく、無条件で陸上が好きだった姿勢にはものすごく思い出させてもらうことがありました。
最後の試合で結果がでて賞状をもらった時の顔は今でも忘れません。
自分は彼を教える立場でしたが、同時に彼は自分にとって恩師でした。

この先、なにか自分に芽が出た時に、恩師と呼べるたくさんの人にあなたがいたからこういう人生を歩けて芽がでてなんとかやっています、と報告できればと思います。

それでこそ人生です。
[PR]
by httq_www_newtral | 2012-03-07 01:41 | ウワノソラ

.

今日自分の中で大切だなと思った言葉をみつけました。

「いざとなったら全部やめてしまおうという選択肢が頭の中にあるだけでずいぶん世界が違う。
本当に大事なものをなくさない為に、辞めるという選択肢を常に置いておくべきだと思う。」

だれにでもきっと様々な目標があって、
達成したいと思った時に、
それまでの逆算を多少なりともすることになると思います。

そして〜までに〜をしようってなる。
その中で〝やりたいこと〟がいつのまにか〝やらないといけないこと〟になってしまうことはよくあると思います。
みんなモチベーションが高いが故に。

やらないといけないからやる、とやりたいからやる、
は同じやるでもかなりの違いがあると思っていて、
やることへのイメージの違い。
追われることと追うことのストレスの違い。
なにより人生の彩りの違い。
やらないといけないだと、いつか必ずどこかでココロが疲弊してしまいます。
生きていることに疑問が湧いてくることもあるかと思います。

やらないといけない、と、やらない、の間のどこかにきっとやりたいってポイントがあって、
モチベーションが高いが故にやらないといけないにとらわれるとやらないなんてあり得ないみたいな心情だったり、やらないことに関してものすごく自己嫌悪になったり。
その狭間で葛藤して苦しんだり。

でもいざとなったら辞めるという選択肢を頭の片隅にでも置くことで、
ものすごくバランスがとれるというか、足取りが軽くなるというか、
モヤモヤしている空気が換気される感じしました。
少なくとも自分には。

辞めることができるのに、敢えて自分がそれを選択してやっているということはどういうことか?

いざとなったらきっぱり辞めるという選択肢を頭の中に入れておくことが、
〝やりたい〟の原動力の一つになってくるんじゃないかと思います。

人生やらないといけないことなんてよくよく考えると一つもありません。
自分の全ての選択は全て自分が選んでいる。その心構えが大切です。
[PR]
by httq_www_newtral | 2012-03-01 01:29 | ウワノソラ