<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

.

3月31日、

節目の日です。
今日は何もせずにのんびり。。
ゆっくり散歩して、ご褒美でちょっと贅沢にお昼ご飯食べてきます。

みなさん、この一年はいかがだったでしょうか?
大きな糧にさせていただいたことも、
涙するようなわくわくすることも、悲しいことも、
ああすればよかったかなって頭によぎることもありました。
全てがうまくいくことはなかなかありません。
それでこそ人生。
うまくいかなかったことを、それはそれで楽しいことに変換させる心構えを持ちたいです。

楽しいか、楽しくないか、
快感か、不快感かはものことによっては決定されるものではないって思うようになりました。
本人の心のもちようです。目の前のモノコトの捉え方次第です。
徹夜だって、締切だって、アクシデントだって楽しめちゃう、もちろん人に迷惑をかけないように。
そうなれたらいいなぁ、
なれなくても、心を常に前向きに置ける心構えを人生の中での大切なこととして、
理解しておきたいと思います。

さあ、今日はのんびりして、
今日の晴れた空のように、明日からも滋養に満ちた毎日が待っています。

[PR]
by httq_www_newtral | 2011-03-31 10:22 | ウワノソラ

.

夢と希望のこと。

夢と希望
抽象的な事項はまず信じることを先にしないと、事実そうならない、ほとんどが。
楽しいもまずはそれが楽しいと信じてやまないとそれは楽しくならない。

ちっちゃいとき真面目で正義感が強かったと思っていた私は、
夢と希望に満ちていたと思う。
知らないからこそ、それを信じて、迷いなく突き進んでいたと思う。

それから真面目や正義感の裏にある自分の心理を知るにつれて、夢も希望もだんだん輝度をおとしました。

信じられなくなって、迷いができて、前に進めない。
誰しも経験したがあるかと思います。

そして今、なんか巡って、巡って、夢と希望が生きる活力になっている、
活力の理由は、夢と希望があるからではなくて、
夢と希望があると信じているから、です。
そして、事実活力になっています。
夢も希望も誰が見てもすばらしかったり、偉大だったり、することがいいかどうかなんか分かんないけど、
夢も希望もまずもっていればそれでいいんだと思います、本心が。
希望がなければ、生きることも拒否できる現代です。
抽象的なことなんて、いくらでも肯定も否定もできます。
だからこそ、よく分かんないんなら別に信じてもいいんじゃないか、
そうしたいんならそすればいいんじゃないか、

なんかそう思うようになりました。

[PR]
by httq_www_newtral | 2011-03-24 22:57 | ウワノソラ

.

この一週間で地震、原発、電力、物資、物流、為替、等々、日本の自然現象、その他経済活動のたくさんの問題をたくさん目の当たりにしました。

今まで知りもしなかった分野を知ることで、
これまで大げさにいえば、なにか漠然としたものが日本を動かしているようなイメージすらありましたが、
一人一人のマンパワーが、全て集まって、日本の今のリアルをつくっている、
ということを実際その一人一人を見たということはないので実感ではないですが、強くイメージさせられました。
日本に住む上で、生きている以上、
全ての人が、言葉で仕切られているなにかに分類されることになり、
その中で日本の全てを全ての人が構築している訳です。
一人一人が何かをして、それが集まって、集まって全てをつくっている。

個人には個性があるので行動には方向性が生まれます、
その力は限定されていてかつ、微力ですが、ぼくらのちいさなそれが集まって集まって、
みんなの生活を支えている、
そしてみんなの行動が私の生活を支えてくれている。
そう思えれば、また目の前の世界の見え方が変わってきます。

一人の行動は全体からみて、ほぼ0に近いかもしれませんが、決して0ではない。

[PR]
by httq_www_newtral | 2011-03-18 21:39 | ウワノソラ

.

誰が一週間前にこの状況を考えたでしょうか。
東北地方太平洋沖地震が発生して6日目。
メディアも報道をコントロールできはじめ、事実のみの報道から、分析、意見を取り入れた報道に変わってきています。

被災した人が想像もできないくらいいます。
全力で状況を立て直そうとしてくれている人がいます。
物資を生産してくれる人がいます。それを運んでくれる人がいます。
情報を私達に伝えてくれる人がいます。
復興を祈る人が世界中にいます。

自分の力を無力に感じますし、それを打破する知恵も行動力も今の私にはありませんが、
今自分の思うできることは東北の情報を常に耳にしながら、自分の生活で、できることをすること。
救助の段階では手伝えることはなくても、援助で手伝えることはあるかもしれない。
さらにその先、復興での道のりで手伝えることがあるかもしれない。


今回の地震から未来に向けて、自分はどうしたいか、

大学で部活をしていたときに、
自分の持ってきたボールで、後輩が亡くなりました。
ボールを持っていったことを死ぬほど後悔しました。
落ち着いてから決めたのはその経験を絶対に糧にすること。
それ以外ないと思いました。
そしてこのままでいいのか、と思っていた部活を一ヶ月後に辞めて、
今、これでいいと思えている選択肢をとれてここにいます。

本当に悔しいですが亡くなってきた人は戻ってきません。
だからこそ経験から糧を見つけて、得て、未来にいかす。
未だ知らぬ未来でちょっとでもなにかを成し遂げたり、結果が出たときに、
この経験があったから、今これができている。こうして自分がいれる。
それしか今の自分にはできません。


[PR]
by httq_www_newtral | 2011-03-17 00:26 | ウワノソラ