<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

.

パソコンのブックマーク全て見直して5時間、
参考になる画像を500枚、新たにipodへ、
大きな目的地が明確になると、気が楽です、
舵を握りしめて、進んで進んで、でいい感じ、

画像をすぐ見て、何がしたいのか、どう向かいたいのかが伝わる写真は勉強になります、
海外の方がそんな画像は多い、
それがもたらす効果も自分で考えるのは重要だと思います。

なんでも、自分の意図通りに見せたりみせるのはコツが大きな要素を占めてくると思うんですが
コツを掴むと、嘘がつけるのは嫌だけど、きっとなにがしろそうしているはずで、
その選択肢はこれから減らしていきたい。

ブックマークの中で時に多くなったのが、kyotoのフォルダ、
カフェ、工房、雑貨、宿泊施設、が盛りだくさん。
京都に住みたいなぁ、
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-08-28 13:00 | ウワノソラ

.

さて、大きなバカンスも終わり、毎日のバカンスの中へ、
調べものたくさん、
久々に見るといろいろと違って見えるのは、
それらに反射される心の構えの違い。

慣れてくると見えなくなるものたくさん。
気づけば見えてくるものたくさん。

分かりたいけども、分からなくていい。
いつまでも分からない、分かりたい、の精神でいいと思う。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-08-27 19:30 | ウワノソラ

.

8月は旅行を二回に、約一週間の帰省、海にも行くことができたし、友人に、会いたい人に、会うことができました、目標もできました。満足です。

地元は自分を正してくれます。
一番チカラを頂いたのはおばあちゃん、
久々にあったけども80歳とは思えないほど元気、
記憶力も自分よりいいんじゃなかってくらい絶好調、

先日は山中湖周辺を散策、

生きる上で一回しかない今には、もうお別れで、
一回しかない今に出会う、
心の中心は常に、自分に素直に、健全に、
生きている中での自分の意味を見失わないようにしよう、
人だから毎日には、
涙する達成する喜びも、なにかを見つける楽しみも、
涙するやりきれない悔しさも、不甲斐なさも、憤りも、
思えば思えば、たくさんあるけれど、
ひっくるめてまずは認めて、消化して、
あの時間があったから今の自分があった、
未来にそう言えるように、
糧にできる心構えを持てるように、
明日もまたいい一日にしていきます。


e0028182_019572.jpg

白糸の滝

e0028182_0201849.jpg

元気なおばあちゃん
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-08-27 00:16 | ウワノソラ

.

今ここにいる〝事実〟を信じることって救われる

自分がいなくなることに、とてつもない怖さを感じる、
その恐怖ってのは自分よがりなんだけど、多分誰しも代なり小なりやはりあって、
うまく納得させたいんだけど、正直そうもいきません。
無条件でどんなことも守ろうとする人ができたり、結婚したり、子供を持つことになったりすると、
ぱっと、意識諸々の自分本位のベクトルから外れて、解決の糸口がみつかるのかなぁって思ったりすることもあるけれど、
きっとそうもいかないんじゃないかなって思ったり、

とにかく自分がいなくなった、意識がなくなったことの事をよく考えます。
もし自分がいなくなったとしても、とりあえず自分がアウトプットしたものは残るんだろうけど、
どんなに長らえるものでも、
10億年後くらいに海の水が蒸発してなくなってしまって、
地球がなくなったとしたら、もうなにも残らないかなぁって思った。

そう思ってて、最近ふと思ったことは、
ここにいた事実はきっと残るんだということ、
そう信じたら、自分よがりだけれど、ぱっと救われる気がします。

自分にとって、時間を過ごす中でとても大切なことなんだと思います、
事実を信じる、
信じる。
意味がないものなんてない、ことを信じる。
過去にも今だ僕らが知らない事実がたくさんあった上の、今ここにいるということは、感慨深いものだと思います。

新潟にいった時に偶然僕らを一日案内してくださったとても素敵な人がいて、
その人は同郷で、親とのほうが歳が近いくらいの、大学の美術科の講師の方で、
とにかくとても素敵だなと思った。
何がかというと
人柄も、
ものすごくフットワークが軽いのもそうだったけど、
それを支えているチカラ、
知らないことに対して、ものすごく興味をもっていること。
疑問に思う事柄が、作品のことからそれを動かす運営のこと、僕らよりも様々な方面に、圧倒的に多くて、
それを知ろうとする気持ちが僕らよりも大きい、
単純にいうと好奇心がある、ですが、
歳を重ねて、知っている、理解している風なことが周りに多くなってきても、
それをはねのけるチカラがある人は素敵だなぁ、と思います。

偶然の出会いでまたなにか正された感じです。
こういうことがこれからもたくさん自分にはあるんだろうと思うと目の前は明るい。

明日も素敵な一日を、
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-08-10 02:34 | ウワノソラ

.

友人と夕飯を食べた後に代々木公園へ、
代々木公園へいくのは初めて、
敷地が思っていた以上に広くて、新潟の延長な気がしました。
建前のない核心に入った話も、気の知れた友人とならするのも楽しい。

高校一年生からドロップアウトしてしまった英語を少し勉強してみようと思います。
自分用の記憶の仕方を最近はきちんと掴みかけているようで、
今ならちょっと効率よく覚えれるんじゃないかと思って、

まずは何の為に頭の中に入れるかを整理する、
どの程度でいいのか、
それらの風景、ビジュアルを頭の中でつくる、
これをするとしないで、自分にとって記憶するチカラがだいぶ違います。
次に使うであろう事柄をざっくり頭に入れていく、
そこでビジュアルがきちんと浮かぶと興味も手伝って、覚えが圧倒的に速い、かつあまり忘れることもありません、
それから反復、
のちにその興味がある周辺の事柄をざっくり、
これらもその時には既に興味やビジュアルの範囲内に入っているので、記憶が速いです。
あとは、さらにその周辺の事柄を、、といくと割と簡単にストレスなくいけます。
一度お試しを、
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-08-07 02:05 | ウワノソラ

.

電車を乗り継いで、乗り継ぎを待ちに待って、8時間、
越後妻有アートトリエンナーレを見に新潟へ行ってきました。

山登りの山中で食べ物をいただいたり、
大学の美術科の講師の方に車で案内していただいたり、
時間外に送迎を出していただいたり、
休憩所が実際人の住む民家だったりと、
とんでもなく大きい会場の中で助けられることもたくさんありました。

とにかく思ったのが、
これだけ大きな、街ぐるみのイベントを、続けていることのすばらしさと、
その土地と、その土地に住む人の人柄がトリエンナーレを支えているに違いないということ、
体制上、監視員がいない作品もたくさんあり、基本的には見る側のモラルにかかってきます。
そのモラルを保たせてくれているのが、土地とその土地の人の人柄だと私は思います。

監視員は地元のおじいちゃんおばあちゃんも多く、
アートの知識に関してはないのかもしれないけど、
それでよかったりする、それにあまりあるなにかをいただけるから、
時間がつくる風景のすばらしさと、人のあったかさと、アート、
いつも僕らが生活する価値観とはまた違ったものをたくさんいただける場所です。

同じ類いのイベントとはまた違うアイテムをたくさん持っているこのイベントは、
これから回数を重ねるにつれて、
素敵な体制のアートイベントとして、
イベント側も作家も、
適切なキャパシティの中での最大限のチカラを発揮していける基盤があると思います。
三年後も是非またいきたいと思います。

e0028182_212150.jpg

山の階段、

e0028182_227547.jpg

作品の一つ、

e0028182_228822.jpg

まつだいの農舞台 MVRDV設計、

e0028182_230294.jpg

山の中にあるトイレ、

e0028182_2304180.jpg

作品の一つ、

e0028182_231471.jpg

新聞紙がパッケージになっている、地酒、
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-08-06 02:31 | ウワノソラ

.

仕事にしても、仕事じゃなくても、
やりたいことがあって、
目標があって、
アクションを起こして、
結果があって、
次に向けての問題提起があって、
改善がある。
よくないことを改善する、ということは、
ぼくら人生の至る所で行い、生活しています。

思うのが、
そこで問題だったことをことを他者と話す場合、
目に見える、大きそうな原因のみを追求する場合が多いように思うのと、
原因は一つだ、みたいな傾向が多いように思います。

モノゴトをする中で、原因は様々なベクトルにたくさんあるのと、
雰囲気的な、空気感の部分は問題になることはかなり少ない。
そもそも空気感が重要視されていない場合が多い、

自分事で考えた時には、感覚では分かっているのに、
いざ他者と話し合ったりすると、なぜかそれは置き去りになったりします。
実際僕らは、全体を感じてアクションを起こしているのだけれど、
全体を感じることはできているんだけど、
それを文章にしたりと具現化できない、簡単なことではないわけだけれど、
その置き去りになる部分が重要で、
そこを共有できるような、話すときにきちんと射抜けるような、
チカラを養いたいと思います。


自分がつくるものについて言い訳はするものじゃないよ、
よくいわれてました。
時間がなかったり、
予算があったり、
人より不利な部分があったり、

もっているアイテムも人それぞれで、
アクシデントはいつでも誰にでもあるけれど、

それは見る側、受ける側にとっては関係のないことで、
それがやはり誰かしろの中で評価が生まれる訳です、
自分がやりたいことに対して、
相反する、結果が全てではないことをまず理解した上で、
言い訳はあまりよくないと自分に思います。

きちんとやっている人はやっぱりきちんと努力を重ねてる。

写真集のhimitsukichi
楽しい空間、内と外の絶妙な、超開放的な空間が載ってます。
ぼくらの歳でもこんな空間が身近にあったらきっと楽しい。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-08-03 02:56 | ウワノソラ