<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

.

人の本音を聞きたい、
言ってもらえる人になりたい、
年を重ねれば、
自分を客観視できるようになって、
人の集まりの中でうまくやっていく為に、
うまくやっているようにきちんとやっているように見えるように、
人は多少のうそや我慢ができるようになる、
言葉はいとも簡単に自分の本心とは違う言葉を目の前の相手に伝えることができる。
それはあまり好きじゃない。
本音を聞くのはちょっとした覚悟がいる。
弱みも欠点もあるけれど、
本音の弱みって、自分にとってはとても魅力的なものだと思う。
弱みや欠点って、あったかいと思う。

そんな本音を行ってもらえる人になる為には、
というのは自分の人生の中での一つの大きなテーマです。
やっぱりいろいろ考えたけれど、
自分が人に本音をいう、
ことが一番の近道だ。
だから私は人には本音を言いたい。
本心を認めた上で、本心を磨けば、きっとそれは一生自分の宝物になると思う。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-28 05:00 | ウワノソラ

.

今月初めに京都に行って今回強く思ったのが、
お寺や神社がやたら多い、
知っていたことだったんだけど改めて。
それが京都のアイコンになっていたり、
お祭りや行事が毎年毎年あるわけで、
とても大きなチカラをもっている、
その中心にいるのが、
神様と人の思い。
私の意見としては、今まで神様がいると思えなかった。
人とそういう話になっても絶対にいないと思うと言いはってきた。
未だ見たことないし、
未だ感じたこともない。
でも事実遠い過去から今もこうして神社やお寺が、至る所にあって、
僕らは京都に行けば脚を運ぶわけだ。
小さなときにいろいろとやっちゃいけないことの中に登場するわけだ。
長い時間絶え間なく人の思いの積み重なりがあるわけだ。
神様はいるとは思えないけど、
いない理屈もない。

僕らは人だから弱さも当然のことながらあって、
信じて、なにかいい方向へ向かうんだったら、
信じることもいいんじゃないかって思った、

Telomereという本きれいでした。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-27 23:49 | ウワノソラ

.

好きこそモノの上手なれ

素敵な言葉、
好きなことはすぐに身につく、
夢中になれる、
努力しない努力。
そんなことが自分の中にたくさんあったら、幸せなんじゃないかと思う、

これは人間関係にもある話だと思う。
好きこそ人の上手なれと言うか、
好きになれば、なにかとうまく行くことが多いし、何より楽しい。

こればっかり最近思っている気がするけど、
好きになることは自分の頭の中の思い次第で、
好きになるには、夢中になるには自分にうそをついてる場合じゃないと思う、

嫌いなことや夢中になれないことを嘆くよりも先に、好きになろう。
好きになるようにみてみよう、
と改めて思った日曜日でした。

羊毛とおはな
久々見ていいなと思ったbodumのグラス
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-26 23:04 | ウワノソラ

.

久々のメンバーで再会、
同じ方向を見てきたこのメンバーは私にとってはやっぱり大切な出会いだということ改めて。
偶然でもなんでも会えた私はホントに幸せ者だ。

そんな周りにいる人の影響で、
私の目の前にある毎日が、彩りあるものになっています。
心に余裕のない環境になればより思う、
そんなことをふと自分に気づかせてくれる存在、
忘れがちな気づく心構えを思い出させてくれる存在、

朝方家に帰り、午前中から友人とふと行ってみたくなった空港へ、
観光するってことが始まったのはつい最近のことじゃないか?
100年前に多くの人が観光していたとは思えない。
観光には不安がない、
もう戻って来れないかも、みたいな覚悟はない、
空港にはわくわくがあふれている、

これからどこかに向かう期待感と、
その仲間と、
旅の終点の抜ける安堵感と、
そんなチカラが集まる場所です、
空港には素の顔が多い、
それが好きだ、

展望台からは
飛び立つ瞬間が、
大きな助走で大地から蹴り上げた脚のその次の一歩はもう目的地、別世界、
乗った人なら誰もが強く記憶に残っている、大地から離れるあの感じ、
遠く離れるにつれてゆっくりになっていく飛行機を見るのは、
なにか惹かれるものがあります。

まだ歴史の深くはない観光の分野は、
システムから生きる中でのポジションもこれからまだかわっていくんだろう、
その歴史をリアルタイムで見ていくことができるのは楽しみです、
近いし用はなくてもちょくちょく空港には脚を運びたいなと思います。

そのあと京浜工業地帯の工場群を見に行こうと思ったのですが、
自分の調べがあまくきちんと見れず、
次こそは、、、

友人に勧めてもらった東京都現代美術館の企画展
来週行ってみたいと思います。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-24 00:39 | ウワノソラ

.

事務所を辞めて様々な視点の言葉や映像や写真、くくると人から発せられたなにかに触れる機会が格段に多くなりました。興味があることに対して偏りがちだけど、
またそれに対して考えることも増えました。
また考える際の心構えも以前よりは少し理解している感じがします。
なにかを理解しようとするにあたって、
その情報を受けていくこと自体がゴールという理解をしていると、そこは理解できても、
そこから広がる核心を理解できない気がする、少なくとも私は。
その情報は道筋で、頭の中に、ゴールに近いと思われるなにか、を見ながらじゃないと深くを理解できない感じがします。
ゴールは人様々なんだけど、そのゴールにはきっとみんな共通するなにかがある、
あと思うのが生きる上で理解することはいいことかは分からない、こと、
理解したいから理解しようとする、でいいんじゃないかと。
理解してないからいけないとか甘いとかはちょっと違うと思う。


毎日の行動は点のつけることの連続だ、
こうしたい、、頭のとても広い三次元の中に点をつけていくこと、
どの行動も核心に近かれ遠かれ、予測のもと、点をつけてそこに向かう、
その点の集まりが自分の地図みたいなものになって、
その地図で自分の目の前のことを見る、
その点は自分でつけているのか、それとも自分以外の環境につけられているのかが、未だに分かりません、
自分の意思は有るという概念のもとならつけているんだろうけど、
生まれたときは何もない訳で、実は意思は疑いもなくあるように思えているだけってなると、自分以外の環境につけられている。
そこを毎日の中で徐々に理解できればと思います。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-22 01:28 | ウワノソラ

.

毎週続く平日4連休が始まります。
平日四日間は今は人に会う機会も少なくしているので
誰も人がいない中で自分のことを自分で深く知りたいと思うんだけども、
自分のことなんて全然分かってない、
とある状況下での自分程度しか知らない、
身をおいている環境で自分はコロコロ変わるし、それがうその自分という訳ではない、
となると自分という意思が有る、という概念自体が間違っているのかもしれない、
意思は生きる為の、たえず変化していく環境に適応する為に、記憶をただ集約しただけのもので、結果論なのかもしれない。

過去という大きな固まりと、未来にある大きな固まりの間にある、意識の本体っぽいものが有る今、この一瞬、
一瞬前ももう戻れない変えようもない過去で、
その過去を見れば、今生きている自分も、例えば今生きてない人だとしても、並列で、過去だけを切り取って言えば差異はない、

今、生きている、意識が有る、時間は確実に進んでいる事実、

自分の中にあるこのなにかに向かおうとする気持ちや欲求は果たしてなにか?自分か?
yesであればいいんだけれど、そう思えなくて、でもnoでもしっくりこなくて、
そもそもモノゴトの答えのyes,noというラインをひくんであれば、それは何かが基準になっているからであって、
その基準というのは、自分を知る為の問いに関しては全て曖昧で、
曖昧なんであれば、yesもnoもなくて、
さらにだからといって、中間のなにかでもなくて、
有るけど、無い、
自分を知ろうとしているフリだったかもしれない、
ツケが回ってきているのかもしれません、
解決できないんであれば、とりあえずとにかくやって、やって、やる。

でも生きる意義を見つけたいと思うのはきっと人だけで、
きっとそうなったのはなにか長い歴史の上で進む必然の上にあるんだと思うので、
それはきっと光のような、なにかが有るんだろうと思う。
そこには自分とはという答えに近いものが有るんだと思うし、
知りたいなと心から思います。

信じればそれでいい、っていうシンプルな話なのかもしれません。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-20 03:49 | ウワノソラ

.

思うとここ何年かあまり大きな後悔をしたことが無い、
モノゴトあまり割り切れない性格なのに、
恵まれていたことと、いい選択したというのもありますが、選択した道をいい選択にするチカラが
少しはついたのかなぁと思います。
これから先、選んだ道を自分のチカラで正解にするような、
どちらを選んでも正解だと思えるような、
そんなチカラをつけていきたいなと思います。

ミラノサローネが22日からあります。
去年は仕事でいけましたが、自分との関わりが多い分、今回の方が見てみたかった。
初海外だった去年がもうだいぶ昔に感じます、懐かしいです、
いかれる人の報告、楽しみにしています。

アノニマスタジオ、
ほっこりした感じが好きです。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-18 09:20 | ウワノソラ

.

割り切る
割り切ることの強さ、と怖さ、
これはこうだから、
今はこうだから、
まだこうだから、
ある種の答え、線引き。
ラインをつくることのそこに向かうチカラの強さと、
それ以上の考えの行き止まりの腑に落ちない感じ、
難しいところです。

山岸俊男さんの信頼の構造
次に読んでみたい本です。

beautiful field
集中できます、

中里和人さんのultra
おすすめです。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-17 10:52 | ウワノソラ

.

一日中、家の中は無理で夕方に2時間、横浜の本屋にいきます。
夕方なのでいつも人がすごい、
駅は好きだ。エネルギーを感じます。
夕方の横浜駅の人が交差する感じ、
言葉として認識できない数の声の山。
みんな何か目的があって行動に移す為に移動したいから、駅を利用する。
各々目的はなにか分からないけど、
あれだけの人数がいて、前後左右交差していく感じ、

言葉って難しいなぁってつくづく感じます、
言葉って現状をのべる意味がある前に、既に色がついていたり、
モノゴトを決定したり、
無いものも有るようにいえたり、
事実とは違う伝わり方になったり、
頭で意図するモノを言葉に変換する誤差は調べていけばいくほどたくさん見えてきます。

今月に出版された人は死ぬから生きられる
勉強になります。

大室山の風景、

e0028182_22453560.jpg
jemapur
最近ビデオが追加されています。まだ21歳って、、、
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-17 00:44 | ウワノソラ

.

本質を磨く、
演技でも例えばこうすれば悲しそうなカタチになるとかはあって、
こうすればこういう風に見られる、
ということは演技でもデザインでも、経営にしても、人間関係の中でもある話だと思う、
型と複雑なタイミングと複雑な度合い、複雑なバランス、
によってイメージを喚起させる表現、
人間関係、恋愛関係なんか特に、こういうふうにみられるということにたいしての感度は強いと思う。
わざとらしくても逆効果でとか、
こう見られる為の表現というのは使いようによっては怖かったりもする。
本来の目的の為にこう見せる、
というウソをつくこともできるものだから、
モラル次第というか、
人間性や企業やその集団の性質次第ということになる、
そんなこと考えていたら信用するにもできなくなってしまうことだってある、

私はそんな表現を本質にうそをつかずに正直に、誰か人を傷つけずに、幸せにできるようにやることができればと思う、
無条件で信用したいし信用されたい、
本質は健全でありたい、と思う。
先日書いたけれど本質を磨くということは自分にとって技量を磨く前にやるべきことなんじゃないかと思う。
そのためにも幸せとはなにかは考えていく必要があると思うし、
引いては答えのないような、生きることに関しても考えていく必要はあるんじゃないかと思う。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-16 01:56 | ウワノソラ