<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

.

チカラのなさを痛感する一日でした、

チカラがない
じゃあ今何をすべきか、
記憶力もあまりよくない、
じゃあ身の回りをどうするべきか、
そのための自分の心構えをどうするべきか、

正直できることなら味わいたくないけど
できないことを痛感するこの気持ちは大切、
いいわけをする
卑下になる、
自分が今もかもしれないけどやってきたその気持ちはとても分かる、
でも無感情にはならずにそれはしない、
まずその事実を受け入れて
その次、
どうするべきか、

その積み重ねの上には成長かどうかは分からないけどなにか重要なコトがあるはず、
自分が思う自分になるためのアイテムがあるはずで、
チカラのなさを感じたからこそつかめるチャンスができたことはありがたいことだと思う
弱みを指摘してくれる仲間がいるということはとても幸せなことだと思う、

日曜日に久々に友人と飲みにいったんですが、
映画が好きな人で
映画のコトをちょっと考えた、
私は映画のタイトルがでてくるまでの出だしが結構好きで、
あのいいイメージはどこから何故くるんだろうか、
とよく思う、
例えば遅刻とかなにかネガティブなコトをしていても
それがクスリと笑えるいいイメージになる、
それってかなり重要なコトなんじゃないかと思っていて、
同じコトを話しても笑える話になる人と、
そうじゃない人がいるように、
雰囲気や、見かたやイメージの違いで、
同じコトがコロッと変わる、

その根本を掴めばきっとなにしても幸せで、
とても豊かなコトなんじゃないかと思う。
そんななんでもないことを考えつつ、
たくさん飲んで、
たくさんしゃべった楽しい一日でした。

[PR]
by httq_www_newtral | 2008-01-31 01:26 | ウワノソラ

.

なにかの本で読んだ文章を思い出した、
すぐに取り戻せるモノ、
何かを犠牲にしないと取り戻せないモノ、
取り戻したくても取り戻せないモノ、

思うにすぐに取り戻せるモノに関してが私含めあまり大切だと思っていないところがある、
今はすぐに取り戻せるモノが多すぎるところもあると思う、
時間軸にも関係してくるこの三つ、
全ていつかは必ず取り戻せないものになる、
すぐに取り戻せるものの大切さを思い、
一つ一つの選択を確かなものにする、
今この一瞬が自分の分岐点、
いつか取り戻せなくなったときに、
取り戻そうと努力するんじゃなくて、
感謝のような気持ちを思えるようになれればと思う、

もう一つ書いてあった
〝奇跡は実はかなり身の回りに転がっている〟

日々膨大な選択をしている私達、
一冊の本、
友人との出会い、
聴いてる音楽
にしても、
その膨大な選択の結果だと考えると、
まさしく奇跡で、
それに気づくか気がつかないかは自分の気持ちなわけで
普通の生活をしている人は全くいなくて、
それはもう奇跡だらけなのである、
そんな目でみると、
毎日が少し楽しくなる気がする、
つらいモノも転がし方一つで楽しくなってくる、
それが結局生きるうえでの全てなんじゃないかと思う、

esquireという雑誌に事務所と私載ってます、
寒中見舞いということで、

[PR]
by httq_www_newtral | 2008-01-25 01:52 | ウワノソラ

.

一段落

とりあえず一段落、
この半月毎日が一喜一憂の連続、
今は成長しているかどうかはさておき、
その壁に直面したときに
自分と向き合って自分の正しい一歩を踏み出せるか、
その無数の歩の先に、
結果として、
成長した自分がいるんだと思う、

jan
が先日でインターンを終えました、
事務所から近いjanの家には多いときは週2回泊まってたくらいで、
イチバンしゃべったであろう彼にはこの数ヶ月、
いろんなものを学びました、
彼は私が今まで知ることのなかった、
いろんなイメージをくれました、
自分の頭の中にあるたくさんの常識が透明になりました、
バカな事もたくさんしました、
期間限定でも偶然でもなんでも、出会えてよかった、
いつかドイツにいく機会があれば、
必ず足を運ぼうと思います。
ありがとうございました、

資料は多くなりましたが机の上が少しきれいになったコトに気づく、
最初はひどかった、
机が心を映す、
行動は気持ちの結果的なところがあるのでもちろんですが、
その行動によって関係するモノにも波及する、
資料を重ねてまとめているだけだったり
棚には入っているけど向きが違っていたり、
メモリスティックのキャップがついてなかったり、
机はきれいだけど、机下の私物入れが汚かったり、

なぜここにこうおいたのかとふりかえると、
このときこういう状況でこう思ったからここにおかれて
これがここにおかれたから他のもこうなった、
だとか、その時の複雑な心理状況、環境がそうさせる、
もうそれは必然で理由がまちがいなくある、

気持ちは波紋みたいなもの、
気持ちが揺れると、周りにある行動も、
自分の外にあるモノにも
さらにはモノが集まってできる、
環境にも影響するところがある、
またそれらが自分を影響させ、
その影響を受けた自分がまた一つの波紋をつくる、

逆もあって、
お気に入りの服をきると、わくわくするだとか、
ものがもたらす気持ちの変化というをつくるコトがモノ作りだったりするんじゃないかとおもったりする、

自分の気持ちをきちんと自分の思うようにする、
それが自分に影響を与え、
環境に与え、環境がまた私に影響を与える。
全ては繋がっていて、
全てのコト、モノは結局自分が作り出したものである、
今見えている風景は誰でもない自分の鏡であることを改めて思う、

[PR]
by httq_www_newtral | 2008-01-21 00:38 | ウワノソラ

.

今多くの子どもたちが鬱状態にあるという記事を読んだ、
普通に考えると大人が鬱にかかるのはなんとなく分かる気がする、
しかし子どもたちがなぜ鬱状態になるのだろうか、
はやくして目の前にある世界にあきらめを感じてしまっているのか、
頭に許容以上のものがはいってくるからか、

情報やコミュニケーションの選択がたくさんある今の環境は無力なのかあるいはそれが人を鬱にさせるのか、
少なくとも今の進歩のしかたは鬱にはあまり効果がないということ、

鬱はみんなが持っているもの、
鬱の特効薬は最新の薬なんかじゃなく、
なんでもない気持ち一つだった、
きっとそんなものだ、

何でもない、けどかけがえのないような気持ち、
びっくりするような、
非日常的なものではなくて、
普通の日々に浸透する、
毎日をわくわくさせるような、
そんなもの、
大きく大きく、よりも、
深く深く、のんびりと、

今目の前にある環境の素敵なところをみる、
ちょっと苦手だったものも、
ちょっとしたユーモアで、
ちょっと好きになる、
苦手なものを味方につける、
苦労を苦労だと思わない、

そんなことをお手伝いできるようなモノを私がつくれたら幸せだ、
ポケットから手のひらにぽこっと取りだして、
ジワジワっと広がっていくような、
そんなもの、
それがつくれるかもしれない道に近づいているなら徹夜でやる目の前の作業も悪くない、
そんな事を思った夜でした、

そうそう、
あけましておめでとうございます、
みなさん今年はどんな歳にしたいですか、
正月も終わり、これから春に向けてもう一踏ん張り、
春から新たな一歩という人も多いかと思いますが、
新年に思った頭の中のそのいい風景にいる自分を心の隅にでもいいから常にもって、
早くなくても自分なりに歩めばそれでいいんじゃないかと思います、
人生は一度きり、
今、この瞬間も再び戻ってくる事はありません、
思いやりをもって、
じっくりじっくり歩んでいきましょう、
2008年も宜しくお願いします。

[PR]
by httq_www_newtral | 2008-01-08 04:31 | ウワノソラ