<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

.


居心地の悪かった空間が人一人の影響で急に居心地いい場所に変わる事がよくある、
そんな人になりたい、

来月は京都へ旅行、
費やせる時間は36時間、でも二泊三日、
少ない資金も時間もうまくやりくりすればどうにかなるものですね、


[PR]
by httq_www_newtral | 2007-09-26 01:32 | ウワノソラ

フツーなものを考えていたら、
フツーだと思っていたこと普通じゃなくなってくる、

フツーだと思っていたのは自分だけ、

フツーだと思っていたことをフツーだと思わないようにする、
新しい視点をみる、探す、

すでにある現象は自分が作り出したことがほとんどで、
ちょっとのステップでがらりと変わる、

すでに分かっていると思っていたことの未知化、
それがアイデアであり、ユーモアであり、感動だと思う、

多分みんなわかってる、
実行するかしないか、
重い足を一歩踏み出してみる、
いづれその経験は筋肉にかわって、
重い足もいつのまにか軽くなる、
その疲労も心地いいモノに変わる、
思うように、全力でもスキップでも、自分の好きなように進めばいいと思う、

その先の、いつのまにか変わった、
目の前に広がる景色は、
とんでもなく美しい、

[PR]
by httq_www_newtral | 2007-09-26 01:15 | ウワノソラ

箭内さん記事の中にあった
ミュージシャンズミュージック、
ミュージシャンにうける音楽、 
その言葉を聴いたときにふと思った、
デザイナーズデザイン、
デザイナーにうけるデザイン、

多分世の中たくさんある、

実際手にしてつかうのは、私たち普通の消費者、
良いことも悪い事もある日常、
それも許容したもの、

すでにあるイメージを払拭してしまうなにか、
やさしいふわふわした、

微力のようで深いなにか、

その先へ、
またその先へ、

[PR]
by httq_www_newtral | 2007-09-25 01:31 | ウワノソラ


順調だと思うこと、


SDの入選作品の展示会、を見に代官山、日曜日は岐阜の友人と、上野の科学博物館へ、
その作品を見ることもですがそれよりも、
それを見に行くまでの心理状況や見ている最中の人の心理を探ることのほうがより勉強になります、

コンペが順調に進行中、

なんかいろんなものごとが順調に進んでいる気がする、
先は漠然とぼやけていますが順調と思えば何とかなる気がする、
人の意識的な行為は全体の行為の1%と言われるように、
無意識的行為が実はほとんどである自分、

今の自分ができるその無意識的行為を良い方向に向けるには、
今の意識的行為しかありえなく、
積もり積もって将来の無意識行為になっていく、

今日選択した帰り道、
今日来て行く服、
余裕がないときにおもうこと、
余裕があるときにおもうこと、

先延ばしにせずに、
今を、
自分の思うように、
生きましょう、
いつか、
思い描く自分に、
リンクするときはかならずくる、

いろんなモノが飽和状態で、実は空っぽな土地ですが、
夢は常に持ち続けましょう。

[PR]
by httq_www_newtral | 2007-09-18 01:20 | ウワノソラ

.

コンペ再開、

帰省で少し乱れてしまった、食事と睡眠量を減らして、
これからまたコンペをしていこうと思います、

秋の夜長に、という感じでもないですが、
じっくりやっていこうと思います、



[PR]
by httq_www_newtral | 2007-09-13 02:27 | ウワノソラ

.


イチバンを〝見つける〟旅をしよう。


イチバンになる旅ではなくて、

あせっちゃうとイチバンの意味すらわかんなくなっちゃう、
人生は引き返すことはできない、
過ぎた時間を悔やんでも戻ってこない、

イチバンは人の数だけある、

気負ったり、
走ったり、
競ったり、
奪ったり、
そんなかたちじゃないものもたくさんある、

気負わず、あせらず、余裕をもって、
考える、
想像する、

その先にあなたの、私のイチバンが、きっとある、

[PR]
by httq_www_newtral | 2007-09-12 02:34 | ウワノソラ

広島帰省、

4日間どこか遠くへ足を運ぶことはなく、
よく行っていた場所、家の近く、いつものカフェ、いつものファミレス、を見返して、
身内の結婚式もあったせいか、
前はここでこういう気持ちでこうしてたよな、とか、
少しは成長してる?自分からみた過去の回想というか、
昔のことばかり思い出しながらそれらを見て、感じてきました、

事務所では後ろを振り返る余裕もない感じだったので、
それが少しへんな感じで、
懐かしい感じで、

半年もの時間の経過で予想どおりそういう感覚は少し鈍ってたけど、
思い出して、
その大切さを知って、
心のスタミナを満タンにして帰ることができました、

教え子はもう大学生、
ぐんぐん過去自分が経験した記憶の鮮明なほうに近づいてきていて、
それがとてもうれしくもあり、若干の焦燥感もあり、
いろんな気持ちで彼ら、彼女らを見ました、

帰省して、過去を思い出して深く思ったことは、
今まで経験した遠回りかもしれないことは、
唯一私が持っている一個性で
無駄じゃない、こと、
無駄だと思わないこと、

それを許してくれた私の周りの人に改めて感謝したい。

[PR]
by httq_www_newtral | 2007-09-11 00:40 | ウワノソラ