<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

究極のデザイン、

究極のデザインは死ぬということを受け入れられるデザインじゃないかなって最近思う、

私はあの世は絶対にないと思っていて、待っているのは無だと思っている、
あの世とか来世とかそんな逃避場所をつくらない死の受け止めかた、
無を認識した上での、
なんかこれなら受け入れられるな、とか
これなら例え死んでも悔いないな、とか、、

究極なものってそういうものなんじゃないかなってよく思う、
一つの物体を通して生の芯を悟る、
そんなものが私につくれたら私は死んでもかまわないと思う、



お年寄りが痴呆になったり、精神が逆に子供に戻っていくというのは
人間が持つ死からの本能的な逃避だと私は思っている、
だからお年寄りと子供の笑顔はなにか通じるものがあるのかもしれない、

本を数冊購入、今月のFRAMEはすごいよかった、
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-31 00:16 | ウワノソラ

・・・

今日はあえてデザインに程遠いかと思われる、発展途上国についていろいろと調べてみた、
井の中の蛙じゃ心底嫌だと思ったからだ、
その問題の裏側にある社会状況を自分なりに想像して、
頭で分かってみているのみで、体感したことのない人間や、既に頭にすらない人間に
いったい何ができるのか、

今の私の力ではなんにもできない、、

井の中の蛙は心底嫌だ、
まだ経験も技術がなくとも周りについた贅肉を取り払って、芯を見れる力が欲しい、

センのセンを感じ取れるような繊細な触手を持ちたい、

伸び縮みする、それを通り越してワープできてしまうような自在な価値観を身につけたい、

今まで感じていた不安感が馬鹿みたいに思える桁の違うような無条件的で冷たい水が喉から胃へ落ちていくような気持ちのよいモノを提案したい、


五輪国内候補地が東京に決まりましたね、
決定したときに石原都知事の横には安藤忠雄さんがいました、、
福岡の指揮はは磯崎新さんだったらしいですね、

悲しいかな、経済効果の非常に高いオリンピック、
どこでやってもかまわないから、
せめてオリンピックの核にある理念だけは常に中心において欲しい。
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-30 23:25 | ウワノソラ

caution

注意するべき場によく遭遇する、
正して欲しい人がいて、正してあげたいと心から思っている、
しかし最近思うのが注意し正すことすら実は必ずしも正しいとは限らないということ。

そういうことを考えると注意することすらいいのかどうかよくわからなくなってくる。
それは実は私の気づかないところで私もされているのかもしれないし結局は自分の正しいと思っていることを責任をもってやることが、正しいのかもしれない、
人間関係はとてもややこしい、、
あなたは自分の正しいと思うことをやっていますか?

最近頭痛が治まらない、
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-30 04:57 | ウワノソラ

A cause.

よく教え子が足が痛い時に原因を考えるのですがそれが結構興味深いことだったりする。
私はそんなに知識があるほうではないので選手の癖というかそういうものを私の体を使って考える、
同じ歩き方をしてみたり、
おなじものを持ってみたり、
靴の裏を見たり、
そういう第三者的な感覚を取り入れてなにかを気づくことが多い、

重いショルダーバックを日ごろ持っている、カラダが少し反ってそれによって足が上がらなくなる、足を接地する場所が変わる、あるいは前に持っていく足が速く地面に接地し足を擦るよな歩き方になる、負荷がかかり股関節が痛くなる、股関節をかばう歩きになる、それによって膝に負担がかかり痛くなる、みたいな。
必ず原因がある、
どれも普通の行動よりも数ミリずれるだけで変わってくることが多くて、ほんと人のカラダのすごさを感じる。
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-29 14:07 | ウワノソラ

kaiji moriyama

今週のトップランナーは森山開次さんだった、

どこかで〝俳句というものは17文字以外のことを伝えるために17文字を使う〟と書いてあったが、
森山開次さんの肉体表現はカラダで伝えることができないことをカラダで伝える、
カラダだけでなくカラダの外も使って表現しているように思えた、
どこか俳句的な、そんな表現に見えてとても心を動かされた。
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-28 04:21 | ウワノソラ

koushien

ナガオカケンメイさん、

見て感動した、というよりもものすごく痒いところに手の届いた感じ、
素敵だ、


甲子園の決勝に釘付けだった、
15回にもおよぶ戦いでの引き分け再試合、

見ている人は決着がつかなくて少し歯がゆい思いだったかもしれないが、私は引き分けという結果にものすごく感動した、
淡々としていて均衡が破れないというのはすごいことだ、

選手も相手の先を読むような人間味を帯びた駆け引きと、
いい意味で精密機械のようになっていくような感覚が私には魅力的だった、
審判も自分を機械のように正確にジャッジすることに徹している、
そこに感動を覚える、
やっぱり淡々なんですよね、


それにしても、
負けたらそこでおしまい、
という儚さにどうして人はどうしようもなく惹かれてしまうんでしょうね?

プロ野球はまったく見ないけれど甲子園はついつい見てしまいます、
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-20 18:25 | ウワノソラ

thanks

さて、
なにも進んでいないような日々ですがコンペも大詰めを迎えています、

最近は母から連絡がちょくちょく来る、
どうでもいい話だったりするので元気かどうか定期的に確めてくれているんだろう、

心配してくれる人がいる、ということは幸せなことだ、

私は幸せものです、

三日間予定もなにもない日が続きます、

久々に家に帰ろう、

そして小さいときの記憶がよみがえるような、
わたしにとっての〝普通の〟ご飯を食べよう、

東信さん

石川直樹さん
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-19 03:46 | ウワノソラ

なにもないということ、


























                                                なにもないということは素敵だ、
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-19 02:01 | ウワノソラ

Impurities.


みんなからだの中に不純物をもっている、

怠惰感、焦燥感、孤独感、劣等感、嫌悪感、

不純物を取り除くためにまた不純物を取り込んでいくのだ、


かまえるな、

受け入れることで高まる純度、


auのヘルツォーク・アンド・ド・ミューロン2002-2006を購入。

シブヤ大学、
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-18 01:48 | ウワノソラ

fit

以前にも書いたが

その環境に適正であるか否か?

という言葉がやけに私のキーワードになってきている、

適していなければ意味がない、

戦場でブランドの服なんて馬鹿みたいだ、

飢えている場でキャビアなんて馬鹿みたいだ、
[PR]
by httq_www_newtral | 2006-08-17 18:50 | ウワノソラ