.

不利なことは本当に不利なことだろうか?

なにかの土俵に立つ上で、
不利だと思っていることは本当に不利なんだろうか?
自分が自分に対して有利だとか、魅力だと思っていることがあるとして、
人はそれ以外は不利なものだと認識しがちだと思う。
若いことが不利じゃない、
知らないことも不利じゃない、
弱いことだって不利じゃない、
自分は自分が思っている以上に、大きくて、
人への見せ方次第で、色がついて、魅力的なものにかわる、と私は思う、
よくなるための関係の成り立ち方というのは、まだ知らないものことも含めて、もう無数にある。
まず不利だと思えることを裏返してしまうエネルギーは
いつか身の周りを、幸せなものでたくさんにできるチカラをもっていると思う。

買い出しで渋谷に行くと、よく見る街頭演説、
どうも好きになれないのは、
あなたたちは被害者ですよね、それを私がよくします的な形式、
会話のボールを一方的に投げられる、あの音量、
形式にはまった心ないやり方が心になんの訴えがあるんだろうってよく思う。
みんな多分そんなに不幸せじゃないよ、

事務所でのジャスミン茶と先週の大事な大事なお客様。

e0028182_637253.jpg


e0028182_6372029.jpg

[PR]
by httq_www_newtral | 2008-11-07 06:37 | ウワノソラ
<< . . >>