.

電車の中であるドキュメンタリーをみていて、
頭の中でおもうアイデアはしばらくは絵にしたり、文字にしたり、アウトプットしない、という話があった、
人の頭のイメージというのは自由自在で大きなものだけれど、
霧のようにふわふわしてものすごく繊細で、
そこにビジュアルのような固定されたイメージの固まりがくると
明確にはなるけれど一方通行になってしまって、
その思考の土地に脚を踏み入れると
見るまいと思っていても一つのラインが見えてしまうことが振り返るとよくあるように思います。
ただ感性が豊かな人でなければ
アウトプットせずにイメージを作り上げていくことは難しいと思っていて、
理論派の人は、書き出した上で、
アウトプットされた仕切りの向こう側でまた別のイメージを作り上げていくケースが多く、
また具体的なイメージの部分は心理に基づいて「詰める」作業になります。

デザイン以外の話でも言えることで、
スパッと出したものが、すでに詰められている、考えられている、
そういう人にこっちにきてよく出会います、
感性が豊かだなあと思う、

私は感性もないし、理論でモノコト進めるタイプでもないので、
向いてないな、とよく思いますが、
なにより近づこうとする努力が大切だ
ということを頭に入れてやっていければなと思います。
[PR]
by httq_www_newtral | 2008-08-13 04:12 | ウワノソラ
<< . . >>