.

朝9時ごろに帰ると久々に父親が休日で家にいた、
起きた姿で、
私が家に帰っても既に寝ていて、私が起きたときには父親は仕事でいなくて、同じ場所に住んでいるのにすれ違いの生活だったので、
もう一、二ヶ月はまともにしゃべってなかった。
眠かったけれどせっかくなので昼ご飯を食べに、
近くのスーパーの中にある、定番になった場所で、

父親は私がなにをしているのかいまだに全くと言っていいほど知らないけれど、
それでよくて、
そんなことはどうでもよくて、
母親に迷惑をかけないようにと、
周りの人を不幸せにしないようにね~、っていう。
それはすぐに影響を受けて偏りそうな私のバランスを整えてくれます。

父親がこっちにいなければ、
こっちに来るタイミングは違っていて、
今、私にしては恵まれ過ぎている環境をつくってくれている人にも会うことはなくて、
目に見えない、か細い線のその場所を通過できたからこそ、
ここにいることができます、
その線の一本を担ってくれているのは父親で、
知識をつけるとか、なりたい人になるとか、
その前に感謝すべきことだなぁと思います。
今のこの立ち位置を決めているのは私ですが、
立たせてくれているのは私のようで、そうではなくて、
今まで関わったモノと、コトと、ヒトなんだろうなぁ、
としみじみ思います。

聞きたかったYOLEYOLEのCDを借りました、
ペー、ありがと。

[PR]
by httq_www_newtral | 2008-06-09 02:06 | ウワノソラ
<< . . >>