.

ふと、自分が何かに導かれたきたような感覚になるようなことがある
まだまだ中途半端なくせになに振り返っているんだっていわれそうですが、

スポーツをやめて、
自分のしたいコトは何か考えて、
人とのコミュニケーションについて知る、
大学三回生の時にデザインを知る、
専門学校へいく、
自分のセンサーでたくさんのものを見るにつれて、
よくわからなくなって、
専門学校に残り半年はいかなかった、
そこで日常の普通の風景を知る、
卒業して一年間その風景をもっと知る、
自分の思い描く道を知る、
東京へ出る、
macの起動もしらない私が思い描いていた事務所にいく、
思い描く道の描き方を学ぶ、

それそれの岐路で選択した私をつくったのは、
まちがいなくそれまでの過去の私で、
それまでの過去の私は、
さらにそれまでの過去の私がつくっている、
それをずっとたどっていくと、
日々思い続けていた気持ちが選択を決定し、
結果いまの自分をつくっている、
そして今自分の、あなたの頭の中で思っているコトが、
これからの選択を決定し、
未来の自分をつくる、

思うことが、自分をつくる、自分を変える、

私はこうしたいという思いと同時に妥協も弱さもあったから、この道筋になった、
でもそれはネガティブなコトではなくて、
その道筋は自分じゃないととおらなかった道筋、
妥協もしたぶん、痛みもわかる、弱さも分かる、
気づく事、
それは素敵なコトだ、

自分のやりたいこと自分のいいイメージを常に持って生きれば、
回り道をしようと、
いつかは必ずなれる、
回り道にはあなたにしかないなにかがあって、
それは回り道をしたあなただけがもつ素敵な視点で、
けっして無駄じゃない

明確じゃなくてもいい、
漠然としててもいいから、
自分の生きるうえでの視点をみつけよう、

[PR]
by httq_www_newtral | 2007-12-18 03:23 | ウワノソラ
<< . . >>