.

ゆらゆら、
しとしと、
ぽろぽろ、
ちょこん、

外国から来ているインターンのこと話していたら、
なかなかこういう言葉は通じなくて、
聞くと擬音語や擬態語は外国では少ないそう、

日本ではほんとたくさんのこの抽象的な言葉が、あって、
生まれてからみんなの頭の中にいつの間にかやってきて同じ景色を共有してる、
それは、空気、雰囲気をほかの国よりも大切にしているから生まれた言葉なんじゃないかと思う、
特定の場所だけの共有のイメージというのはシンプルでかつ深い、
鍾乳洞のような長い時間の経過を受けとめ、しぜんとそうなった深さはあるが重くはない、
ふわふわしていて丸いかんじ。

思えばすべて平仮名、
その詰められていない、さほど手をつけられていない感じが好きだ、
やわらかい、
そんなモノがつくれたらきっと素敵なモノなんだろうと思う。

ぷかぷか、
ぺちゃくちゃ、
うるうる、
わいわい、

先のことを考える、
今の現状の行動も少し変えていこうと思う。
人はよくもわるくも忘れやすい、
自分のしたいことはなんだったのか、
ではリミットのあるこの時間の間に、
やるべきことは何か、
明確であればあるほど細かい行動が変わってくる、
芯のある行動ができるようになってくる、

壁を壁と思わない、
壁をつくっているの自分で、
ストレスをつくっているのも実は自分、
いい視点を見つけて
自分の思うように行動していこう、
そのさきに後悔はない。

[PR]
by httq_www_newtral | 2007-11-29 01:39 | ウワノソラ
<< . . >>