.

夢と希望のこと。

夢と希望
抽象的な事項はまず信じることを先にしないと、事実そうならない、ほとんどが。
楽しいもまずはそれが楽しいと信じてやまないとそれは楽しくならない。

ちっちゃいとき真面目で正義感が強かったと思っていた私は、
夢と希望に満ちていたと思う。
知らないからこそ、それを信じて、迷いなく突き進んでいたと思う。

それから真面目や正義感の裏にある自分の心理を知るにつれて、夢も希望もだんだん輝度をおとしました。

信じられなくなって、迷いができて、前に進めない。
誰しも経験したがあるかと思います。

そして今、なんか巡って、巡って、夢と希望が生きる活力になっている、
活力の理由は、夢と希望があるからではなくて、
夢と希望があると信じているから、です。
そして、事実活力になっています。
夢も希望も誰が見てもすばらしかったり、偉大だったり、することがいいかどうかなんか分かんないけど、
夢も希望もまずもっていればそれでいいんだと思います、本心が。
希望がなければ、生きることも拒否できる現代です。
抽象的なことなんて、いくらでも肯定も否定もできます。
だからこそ、よく分かんないんなら別に信じてもいいんじゃないか、
そうしたいんならそすればいいんじゃないか、

なんかそう思うようになりました。

[PR]
by httq_www_newtral | 2011-03-24 22:57 | ウワノソラ
<< . . >>