.

今月初めに京都に行って今回強く思ったのが、
お寺や神社がやたら多い、
知っていたことだったんだけど改めて。
それが京都のアイコンになっていたり、
お祭りや行事が毎年毎年あるわけで、
とても大きなチカラをもっている、
その中心にいるのが、
神様と人の思い。
私の意見としては、今まで神様がいると思えなかった。
人とそういう話になっても絶対にいないと思うと言いはってきた。
未だ見たことないし、
未だ感じたこともない。
でも事実遠い過去から今もこうして神社やお寺が、至る所にあって、
僕らは京都に行けば脚を運ぶわけだ。
小さなときにいろいろとやっちゃいけないことの中に登場するわけだ。
長い時間絶え間なく人の思いの積み重なりがあるわけだ。
神様はいるとは思えないけど、
いない理屈もない。

僕らは人だから弱さも当然のことながらあって、
信じて、なにかいい方向へ向かうんだったら、
信じることもいいんじゃないかって思った、

Telomereという本きれいでした。
[PR]
by httq_www_newtral | 2009-04-27 23:49 | ウワノソラ
<< . . >>